教室紹介

開講中の「洋」の講座

ヨーロピアンチャイナペインティング

ヨーロピアンチャイナペインティング

ヨーロッパ伝統の手描き磁器の美しく繊細な技術を学びます。可愛らしい小花を始め、エレガントなブーケや果物、風景など様々なモチーフを描いていきます。

  • 日時第2・4月曜日および第1・3木曜日
  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    月謝:¥16,500(税込)(ほか材料費など)

体験レッスンあり

くわしくはこちら

ポーセリンレースドール

ポーセリンレースドール

磁器のボディに、陶土を染み込ませたレースを丁寧に貼り付けて焼成し、美しく色付けして仕上げるレースドールは、その繊細で優美な姿が魅力です。アメリカの著名作家である、故 エレン・グローム女史直伝のテクニックを楽しく学びます。

  • 日時第2・4火曜日 10:00~12:30/13:30~16:00
  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    月謝:¥17,600(税込)(ほか材料費など)

体験レッスンあり

くわしくはこちら

カリグラフィック・ペンワーク

カリグラフィック・ペンワーク

ポインテッドペンやからす口を使用し、美しい文字と繊細な装飾模様による作品を制作します。

  • 日時東京(Studio KILN ART):第3土曜日
    大阪(新大阪丸ビル本館):第2金曜日
    いずれも10:00~16:00
  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    月謝:初級 6ヶ月分 ¥52,800(税込) 基本工具¥5,500(税込)程度(絵の具・使用白磁・焼成代別途)

初心者OK

くわしくはこちら

西洋金継ぎ ~カラーフィル~

西洋金継ぎ ~カラーフィル~

“カラーフィル”とは、専用のパテを、陶磁器の欠損部分に充填して修復する技法で、日本の金継ぎとは異なり、オリジナルの色・透明度・質感にマッチさせて修復し、保存することを目的としています。本講座では、基礎からこの技術を学びながら、ご持参の陶磁器も修復していきます。

  • 日時第1水曜日 10:00~16:00
  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    受講料:6回分 ¥52,800(税込)(ほか材料費など)

初心者OK

くわしくはこちら

花島 悦子 ペインティングサロン

花島 悦子 ペインティングサロン

洋絵付の枠にとどまらない「和風モダン」な表現とさまざまなテクニックを混合して華やかな作品を制作します。 (絵付け経験者向けの講座です)

  • 日時第4金曜日 10:00~16:00
    3回もしくは4回で仕上げるカリキュラムごとに受講
  • 諸費用¥9,900(税込) × 1カリキュラムに必要な回数(材料代・焼成代別途)

くわしくはこちら

清水 桂子 ペインティングサロン

清水 桂子 ペインティングサロン

アーティスティックなデザイン、オリジナル新素材によるデコレーションテクニックを盛り込んだ作品を制作します。

  • 日時2018年4月以降、第2水曜日
    複数回で仕上げるカリキュラムごとに受講
  • 諸費用¥9,900(税込) × 1カリキュラムに必要な回数(材料代・焼成代別途)

くわしくはこちら

ミラ モダンスタイル ペインティング

ミラ モダンスタイル ペインティング

アスポンジングやペンワークのポイント、金・プラチナ・ラスター彩のヴァリエーションなど、基礎から応用への確かな技術が身につく多彩なモチーフを描きます。

  • 日時第4水曜日 10:00~16:00
    1カリキュラムごとの受講可(内容は毎月変わります)
  • 諸費用¥8,800(税込)(材料代・焼成代別途)

初心者OK

くわしくはこちら

マーティシ・ミクロシュ ペインティングサロン

マーティシ・ミクロシュ ペインティングサロン

長い滞日経験のある講師が、40年に渡るペインター生活の中で培った技術と経験を伝授、春と秋の来日時に特別レッスンを開催します。

  • 日時5月・10月前後に1日講座を2回開催
    10:30~16:00
  • 諸費用受講料:¥34,100(税込)/1日(材料代・焼成代別途)

くわしくはこちら

動物を描く

ミクロモザイク

18世紀のヴァチカン発祥のガラス工芸、本講座では歴史や背景を交えながら、自分でカットした小さなガラス片を、特殊な粘土をひいた型枠(ベース皿)に埋め込んでいく基本テクニックを学び、モザイクアクセサリーを制作します。

  • 日時第1火曜日 10:30~15:30
  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    月謝:¥8,800(税込)(材料代・焼成代別途)

初心者OK

くわしくはこちら

TOPに戻る

開講中の「和」の講座

有田上絵付

有田上絵付

日常の食卓で使える器から豪華絢爛な飾り皿まで、伝統的な魅力にあふれた有田焼の絵付を学べる人気コースです。初級~上級コース修了後の研究科では、ゴス(下絵の具)による本格的な染付も学びます。

  • 日時月1回 10:30~16:30
  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    受講料:初級 6か月分 ¥52,800(税込)(ほか材料費など)

体験レッスンあり

くわしくはこちら

九谷焼上絵付 赤絵細描(あかえさいびょう)

九谷焼上絵付 赤絵細描(あかえさいびょう)

極細の筆を使用し、〝弁柄(べんがら)〟と呼ばれる鉄分を含んだ赤い顔料で、髪の毛ほどの細かい線の文様意匠を描く超絶技巧であり、九谷焼三大技法の一つである赤絵細描。本講座では、基本の絵の具の擦り方から始まり、伝統的な小紋文様などを描きながら、デザインや構図も学び、赤の線描に金襴を施して作品を仕上げていきます。
※初級修了後は中級~上級~研究科へと進みます。

  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    受講料:初級 6ヶ月分 ¥52,800(税込)
  • 初回材料費約¥21,000(税込)程度(4寸皿2・絵具1・筆2・テキスト他工具一式・生徒割引あり)・焼成代別途

体験レッスンあり  初心者OK

くわしくはこちら

九谷焼上絵付 五彩(ごさい)・青手(あおで)

九谷焼上絵付 五彩(ごさい)・青手(あおで)

九谷焼と聞いて誰もが思い浮かべる大胆なデザインと華やかな色彩が特徴の古九谷は、日本を代表する有田焼とも異なり、緑・紫・紺青・黄・赤の原色五彩からなる独自の色絵磁器です。17世紀半ばに生まれ、その後の九谷焼に多彩な絵付け技法が生まれる源泉となりました。この講座では、骨描き(線描き)・九谷独特の盛り絵具の塗り方・デザインとその由来などを通して、本格的な古九谷風の絵付け技法を習得していきます。

  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    受講料:初級 6ヶ月分 ¥52,800(税込)
  • 初回材料費約¥34,500(税込)程度(5寸皿4・絵の具7・筆2・テキスト他工具一式、生徒割引あり)・焼成代別途 2回目以降追加白磁あり

体験レッスンあり  初心者OK

くわしくはこちら

九谷焼上絵付 色絵金襴手(いろえきんらんで)

九谷焼上絵付 色絵金襴手(いろえきんらんで)

九谷焼の金襴手は、本金を用いた「華やかさ」に特徴があり、明治以降の再興九谷の中で最も中心的な絵付技法です。1900年代初頭にはヨーロッパでの万国博覧会で大好評を得て海外にも数多く輸出されました。現在では希少な技法になりつつあり、その価値が高まっています。本講座では、洋絵具を用いて花鳥画や人物画を彩色し、さらに本金を使って仕上げる色絵金襴手技法、伝統の装飾技法である「花(はな)詰(づめ)」「青粒(あおちぶ)」などを習得し、デザインや図案構成も学びます。

  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    受講料:初級 6ヶ月分 ¥52,800(税込)
  • 初回材料費約¥66,000(税込)程度(4寸皿2・絵具9・金粉・筆7他工具一式・生徒割引あり)・焼成代別途

体験レッスンあり  初心者OK

くわしくはこちら

金継ぎ

金継ぎを極める

漆と金粉を使用して、割れたり欠けたりした陶磁器を修理する「金継ぎ」は、日本の伝統的な技術です。本格的な金継ぎの一連の作業を、材料の扱い・基本的な工程から丁寧に学びます。全9回のベーシックコース修了後はさらに理解を深める応用コースへと続き、お手持ちの器をじっくり直してゆきます。

  • 日時第1・3月曜日 13:30~16:00(月により変更の場合あり)
  • 諸費用入会金:¥16,500(税込)
    月謝:¥8,800(税込)(ほか材料費など)

くわしくはこちら

九谷焼上絵付 短期特別講座

九谷焼上絵付 短期特別講座

九谷焼の人気若手作家の特徴的な画法を学ぶ集中講座を、それぞれ春と秋に開催しています。

  • 日時春・秋にそれぞれ4回講座を開催 各日10:30~16:30
  • 諸費用4回分 ¥35,200(税込) 材料・焼成代別途

くわしくはこちら

京焼 上絵付 ~京焼で彩る四季の抹茶碗~

京焼 上絵付
本講座は現在開催しておりません

長きに渡り、日本文化の中心地である京都のやきもの「京焼」の絵付け技術は、他産地にも大きく影響を与えてきました。本講座は抹茶碗をテーマに、京都色絵陶芸協同組合の全面協力のもと、雅な上絵付けの技法を京焼の名工に学んでいきます。

  • 日時月1回火曜もしくは水曜
    10:00~16:00
  • 諸費用受講料:初級 6ヶ月分 ¥52,800(税込)(材料代・焼成代別途)

くわしくはこちら

京焼 上絵付 ~京焼で彩る四季の抹茶碗~

名古屋上絵付 凸盛り(でこもり)
本講座は現在開催しておりません

クリーム状のマット絵の具を、イッチン(円錐形の真鍮金具)を装着した絞り出し袋を使って磁器上に盛り上げ、ガラス粉をかけて付着させるコラレン(ガラス盛り)、やさらにドット盛りをほどこす二重盛りは名古屋絵付の代表的な技法です。

  • 日時年に3、4回開講 10:00~16:00
  • 諸費用1日あたり¥8,800(税込)(材料代・焼成代別途)

くわしくはこちら

教室

ご入会までの流れ

1. 受講お申込み
受講したいお教室がお決まりになりましたら下記のいずれかの方法でご連絡ください。
講座によっては、満席や新入会募集の時期が決まっていて直ぐにご受講いただけない場合がございます。ご了承ください。
電話
03-3383-0657
  • ※営業時間 9:30~18:00(土・日・祝日を除く)
FAX
03-3383-0671
  • ※24時間ご利用いただけます。
メール
kilnart@kilnart.jp
  • ※24時間ご利用いただけます。
店頭
  • ※営業時間 9:30~17:00(土・日・祝日を除く)
  • ※お教室の雰囲気、作品などもご覧いただけます。
2. 入会手続
受講初日にStudio KILN ARTショップにて入学申込書に必要事項をご記入のうえ、受講料・材料費等を現金にてお支払いください。
※Studio KILN ARTの教室を初めて受講される際には¥16,500(税込)の入会金(共通)が必要です。
3. 受講初日
Studio KILN ARTにて、講座で使用する材料やテキストをお渡しします。
*持ち物:エプロン、筆記用具など

    Studio KILN ART

  • 〒164-8705
    東京都中野区弥生町5丁目6番11号 3F
  • 03-3383-0657
  • 03-3383-0671
  • kilnart@kilnart.jp
  • *東京メトロ丸の内線「中野富士見町」駅より徒歩7分
  • *新宿西口から京王バス宿32・35「弥生町5丁目」より徒歩2分